アウトソースする事で電子機器開発のコストを削減

subpage1

電子機器開発には回路設計や基板設計と言った2つの開発が必須となります。



回路設計と言っても、マイコン制御回路、ロジック回路、高周波や低周波回路、電源など色々な回路設計が必要不可欠、自社内だけでは電子機器開発が難しい、若しくは自社で開発を行うと多くの工数がかかり、経費が必要になると言ったケースもあります。

最近は、回路設計や基板設計を外部に委託する企業が多くなっています。



自社内で電子機器開発を行うとなると、専門技術が必要なスタッフが必要になる、そのスタッフが他のプロジェクトに参加している場合、新たな開発プロジェクトに参加が出来ないと言うケースも出て来ます。
アウトソース先の会社と言うのは、幅広い電子回路に精通した技術者がいるため、こうした会社に委託を行う事で、自社内で行うプロジェクトに参加をして貰い、新しい電子機器の開発チームを構築出来るようになります。
また、回路設計は自社内で行い、プリント基板のアートワーク設計や実装などを外部委託する事で、開発コストを削減する形で新製品の開発を行えるようになります。


従来、1つの会社の中で電子機器開発が進められていたものは、細分化が行われ、専門技術者がいる会社への開発委託と言うケースが多くなっているのが特徴です。

Yahoo!ニュースのホームページをチェックしましょう。

委託先は国内の会社の場合もあれば、海外の会社の場合もありますし、逆に海外の会社から日本企業への電子機器開発の委託が行われるケースもあるなど様々です。

納得の情報

subpage2

電子機器開発は、一般の方には馴染みのない世界で、どんなエンジニアがどの様にして開発しているかを知っている方は少ないでしょう。日常慣れ親しんでいる電子機器がどのように開発されているかを知る事は、大切に使用してもらう為にも無駄ではないと思い、その概要を紹介してみようと思います。...

next

科学コラム

subpage3

電子機器開発は、企業にもよりますが一般的にはマーケティング、設計・開発、生産管理等のプロセスからなります。ハードウェアの開発を担当する部門では、マーケティングにより得られた顧客の望む情報を基に、実現性や開発期間、予算などから仕様検討が行われ、製品に関する設計仕様者が作成されます。...

next

科学関係の真実

subpage4

電子機器開発では、生産数が極端に少ない製品では無い限り試作品を先行して設計し、デバッグ時に発見された問題点をフィードバックし設計しなおしたものを量産品として出荷します。このほか、筐体の設計には金型の作成工程も考慮されます。...

next

驚く情報

subpage5

電子部品は汎用性があるものが取引では多くなるため、常に在庫を抱えておく状況が理想となります。異業種から注文が入るケースもあり、電子機器開発の事業本部では新たな見解でサービスの拡充を図っていくことが大切です。...

next